DWE採用経緯

夫婦ともに留学経験あり、仕事でも英語も使い、家でも英語をぼちぼちやっていて、インター園に行く予定の我が家。そんな我が家でもDWE採用しちゃったよ、という記録。

※ DWEの詳細な紹介ではなく、私の所感をつらつら書いているだけなので、DWEの内容を知りたい方はWeb検索してください。

■ DWEとの出会い
3歳児検診の保健所前でサンプルを貰ったのがきっかけ。お試しに流してみたら、これに子どもたちが釘付け。おうち英語で悩みもあったので、こんなにも子ども達が食いつくなら~と、中身を見てみようということで無料体験を遠して吟味し、採用することに。

■ 我が家のおうち英語の悩み
・ 私がとにかく下手くそ:英語の読み聞かせの受けが悪い。英語は長くしゃべると「ママ日本語にして」と言われる。だめだめです。苦笑

・ 適切な動画が見当たらない:Peppa Pig, Numberblock, Disney Junior等は見せてはいるんだけど、どうも英語じゃなくてアニメを楽しんでるだけで、ぶっちゃけタイ語でもアラビア語でも大丈夫なんじゃないか疑惑。確かに自分の幼少期も、英語のビデオを見ていたけど、別に中身分かんなくてもアニメが楽しいから見ていただけで、そこから語学なんて学んでなかった。そんな自分の経験からも、動画視聴には不安がありました。

インター園に入れるとはいえ、小学校は公立の予定なので、こんなおうち英語の環境だと、小学校になってさっぱり英語忘れましたてへぺろ、なんて状態になりかねない。可能であれば本気バイリンガルを目指したい我が家なので、現在の家での取り組み状況は不安でした。

■ DWE 無料体験所感

・ 内容:「ネイティブの子どもと同じ内容」ではなく、「語学学習目的の内容と構成」になっていて、これなら聞き流しでも学べるなと思った。かといって、シンプルな表現だけど、文法は結構深くまでやるので、きちんと使いこなせばネイティブに近い表現力までいけると感じた。深い文法表現を子どもに学ばせるのは素人には難しいので、この点も魅力的。ただし、DWEだけで英検1級やTOEIC900点は、単語数的に無理だと思う。大人が読んでも難しい英単語が出てくるレベルを、絵本でカバーできると思えない。営業担当は「ニュアンスで選択肢を除外できるので」とか言ってたけど、試験対策じゃなくて英語力が目的なんだから違うでしょ、と思った。

・ 教材の連動性:動画・歌・音声カード・絵本で単語や内容が連動しているので、同じ単語や表現に繰り返し接触でき、これこそ「自然に語学学習をする」流れ。アメリカ含めた海外幼稚園ではWord of a weekを決めて、その単語をあらゆる科目や場面で繰り返し接触して語学学習を促すので、まさにこれ。これを自宅で簡単にできるのは嬉しい。

・ 歌:これは我が家個人のポイントかもしれませんが、いろんな歌にしてリズムで覚えてもらう教材が、お歌大好きな娘に良いな思いました。これで歌の教室に通わせなくて済む。笑  英語に限らず暗記ソングとかあるので、歌でPhrase表現を丸暗記するのにも良い取り組みだと思います。(実用性は別にしてね) 

ここまでは、正直、頑張る人はおうち英語で対応できると思う。特に自分が英語を喋れるならDWEなんて要らないはずなんですが、前述のとおり、私は下手くそで不安だったんです。仕事の合間に教材選択や教育法を考える暇はなく、DWEのフルセットを見た時、「あ、これ私が欲しかったやつ」と直感でビビッときてしまったんですよね。尚且つ子ども達はもともとディズニー好きで、体験ではDWEの音声ペンと音声カードにドはまり。もうこれは契約するしかない!!!ってなりましたね。苦笑

以下その他ポイント:

・ ディズニー様様:子ども達はもともとディズニー好きなので、がっつり食いつき抜群でした。2019年以降Ver.からはアナ雪やラプンツェルもいるので、娘が大喜びでした。音声カードリーダーはドナルド、Blu-rayプレーヤーがミッキーの形なのも、可愛くていい感じ。Blu-rayプレーヤーはもう少しコンパクトにして欲しくて「耳の部分外せませんか?」と聞いたんですが、「耳を外したらミッキーじゃなくなります」と言われました。苦笑

・ アウトプット:平日の電話レッスン(週1回 通話料無料)、Zoomイベント(月2回無料)、週末のライブイベント、国内外宿泊イベントと、取り組みは多々あり。我が家はインター園に行かせる予定なのでアウトプットはそっちがメインになるかと思いますが、使いこなせば教材+英会話教室のセット販売となってコスパは良いかと。ちなみに「地方含めて日本どこにいても同じ環境を提供するために、ライブイベントと宿泊イベントは別費用となっております」と営業担当の人が言っていたのが印象的でした。

さて、中身は良くても、費用とかサポートとかはどうなんだ、というところ。いくら良いものでもコスパ良くないと買えない。庶民なんで。

・ 教材費用、会員費用は家族単位:我が家は子ども2人いるので、1/2のお値段になる。純粋に嬉しい!この時だけ「子ども3人いたらよかったのに」なんて思ってしまった。苦笑

・ 保証制度:壊れた教材は交換してくれるので、音声カードや絵本教材を安心して子ども達に渡せる。機器も修理対象! 特に我が家は2人で喧嘩になる & 息子が破壊神なので、この保証制度はかなりの安心感。中古DWEでは対応できない点ですね。

・ サポート体制:無料電話相談窓口、オリエンテーション(5回)あり。

費用はというと、フルセットで税込み98万+会員費月額3,410円、小学生になっても使えるとはいえ、子ども2名で3年間コミットで計算した場合は、ひとり月額15,400円。うーーーーん、習い事にしては絶妙なライン。

そこで私は考えた。

フルセットじゃなくて必要セットにしようと。(当たり前や。苦笑)

Q&Aゲーム教材、工作系アクティビティ教材をカット!これだけで12万減!あとパズルやシールの教材(5万円相当)もカットしようか悩んでいて、これは契約日の打合せ時に、サンプルを再確認してから判断の予定。仮にこれ全部カットしたら、ひとり月額12,900円まで抑えられる!これなら3年間がんばれる範囲。苦笑

というのが、現在の我が家の状況でございます。

最後に、DWEだけでは不完全だと思っているので、我が家は以下の取り組みは続ける予定です。

・ 我が家の+α:Disney JuniorやPeppa pigなどの子ども番組も引き続き見せる。DWEはやっぱり会話スピードが遅めなので、ネイティブの子供向け番組でフォローする必要はあると思っています。

あー、こんな有名どころの高額教材に手を付けるとは思ってなかった!!!
でも納得しているので購入します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA